スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【離婚したい…でも方法がわからない】

結婚したばかりだけど、一緒に暮らしてみて嫁と性格の不一致がわかり
一緒にやっていけないと思ってる、離婚したい…
離婚したいのに方法がわからない…そうした悩みをお受けする機会が増えてまいりました。
妻と上手に離婚したい…というご相談を頂く事が御座いますが、
上手に離婚ということは、つまり円満な離婚ということです。
円満な離婚という定義ですが、この定義でご相談を頂く場合には、
殆どが妻から離婚を反対されている状態です。
原則離婚成立には夫婦間の合意が必要不可欠となりますので、
妻が離婚に合意してくれるにはどうしたら良いのでしょうか?
というご相談内容がメインテーマとなって参ります。
この状況の場合には、妻がどうして離婚に合意しないのか?
という部分を細かく紐解いて行かなくてはなりません。
年齢の部分であったり、経済面の部分、社会復帰への不安な気持ち、
お子さんの事、周りへの体裁、勿論相談されている方への愛情など様々な理由が御座います。
その中で妻が何に一番拘っているのか?
この部分を究明し、妻が納得する方法を協議致します。
弊社ではこのような夫婦問題について、長年相談を受けアドバイスをしてきた相談員、
また多くの案件に対して提案を行ってきた面談員など、
経験豊富なスタッフがあなたのご相談をお受けしております。
離婚をしたい…でも方法がない…離婚に合意させるには?
こうした問題はなかなか他人には相談できません。
そんな時、どうぞ弊社の専門スタッフをお頼りください。

ご相談はお電話、またはメールで
0120-260-109
info@1-call.co.jp

Facebook:http://www.facebook.com/firstcall.co.ltd
スポンサーサイト

テーマ : 恋愛の悩み
ジャンル : 恋愛

【彼女を奪う】

世間で起こっている略奪愛の現象は、殆ど偶然の産物ですが、
傾向としましては相談出来る位の関係という形が多くなっております。
好きになった彼女には彼氏がいる…そんな状況であれば略奪愛、つまり彼女を奪うしかありません。
男女関係というものは競争です。
先にとったもの勝ちではなく、最終的に相手を手に入れている人が勝ちなのです。
先に述べましたように、彼女にとって良き相談相手という立場は非常に好転する可能性が御座いますので
彼女を奪うことを目的とした場合、あなたは有利な立場に居るといえるでしょう。
彼女が今の彼氏の事で悩んでいた場合、
あなたがその彼氏との悩みを親身に聞いてあげる立場になってあげる事が、
彼女にとっては気持ちが一番揺れ易いポジションとなります。
つまり高確率で略奪愛が成功するポジションとなるのです。
しかし実際にどうやったら良いのか?どのタイミングで告白すれば良いのか?という部分で
悩まれてしまうのが殆どかと思います。
玉砕覚悟で告白される方もおりますし、別れるまで待つという決断をされる方もいらっしゃいます。
タイミングを一瞬でも間違えれば、今までの良い関係は破綻してしまい
彼女を奪うどころか、それ以降の関係性も危うくなってしまいます。
どうしても彼女を奪いたい、奪う方法、環境を整えたい…!
そんなご相談を、弊社では男女問題に精通した専門相談員が承っております。
弊社の無料相談窓口まで是非ご相談下さい。

ご相談はお電話、またはメールで
0120-260-109
info@1-call.co.jp

Facebook:http://www.facebook.com/firstcall.co.ltd

テーマ : 恋愛の悩み
ジャンル : 恋愛

【浮気した妻 絶対許せない時】

妻の浮気を許せない…
こんなお気持ちに悩まされている方も多くいらっしゃいます。
妻の浮気、という事はつまり不貞ということになります。
不貞は離婚慰謝料の請求対象となる事柄として言葉はお聞きになったことがあるかもしれません。
しかし実際にどんな取り決めや、どの様なケースで請求するものなのかは、
あまり周知されていないものとなります。
離婚慰謝料とは、文字通り離婚時に発生する慰謝料となります。
主に有責配偶者が請求されてしまうものとなります。
そもそも慰謝料とは、精神的苦痛に伴う損害賠償請求となりまして、
例えばそのまま離婚へと発展してしまった場合
「あなたのせいで今回離婚という事になった」
「あなたのせいで精神的苦痛を与えられた」という主張をすることが出来ます。
この主張が正しいかどうかは、当事者同士のお話し合いや調停などで話し合われる事となります。
しかしいくら許せない…と思われ、こうした慰謝料を請求する
若しくは妻の浮気相手に慰謝料を請求、となりますと
あなた自身が妻に嫌われてしまうことになりかねません。
慰謝料請求ということは離婚を前提、若しくはもう離婚を決められていて
初めて実行できる強硬手段であることをお忘れにならないで下さい。
そうではなく、許せない、でも妻とやりなおしたい…
そうお考えなのであれば、まずは弊社の夫婦問題専門の相談員までご相談下さい。

ご相談はお電話、またはメールで
0120-260-109
info@1-call.co.jp

Facebook:http://www.facebook.com/firstcall.co.ltd

テーマ : 不倫 婚外恋愛
ジャンル : 恋愛

リンク
プロフィール

Firstcall

Author:Firstcall
22年以上の間、ご夫婦やカップルのお悩みを解決させてまいりました。
弊社だからこそ、具体策・解決策をお教え出来ると思います。

たったひとりの力では、どうしても解決できない場面に遭遇した際、お気軽にご相談くださいませ。
【完全無料】【匿名可】にてご対応しております。

よく頂戴するご相談は、復縁・不倫・別居・離婚・失恋・片思いです。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。