スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼氏 別れ話されたとき、彼女に別れ話されそうなとき


彼氏だけではなく彼女旦那別れ話をされそうなとき

どんなメールを送ればいいのかとか、

何故別れたいと思われたのかとか、

どうすれば気持ちを取り戻せるのかなど、

具体的な対策方法を考えるだけではなく、

是非

「自分の人生にこの失恋や離婚は必要なのか」

といったことも考えて頂きたいです。


普段は復縁する意義や価値を説き、

前社長の小澤康二氏も復縁屋の本を出版しているくらい

復縁成就させることを勧めていますが、

物事は全て1か0で割り切れるものではありません。


白があるから黒があり、闇があるから太陽がありますね。


例えば、ドラえもんの「もしもボックス(なんでも叶える)」が

あったとしたら、あなたは何を頼むでしょうか?


○ 世界平和 (戦争やテロのない世界)

○ 病気や事故がない世界


などを願うかもしれませんが、


○ 何も苦労しない人生が欲しい

○ 自分の思い通りになる力がほしい



とは願わないと思います。


今は、彼氏や彼女に別れ話をされた、別れ話をされそう

仕事も手につかないし、体調が悪い、眠れないという精神状態だと

思いますから、とにかく1日でも早く別れ回避できる

あっと驚く究極の手段を探してることと思いますが、

一発逆転できるような都合が良い方法は存在しません。

マスコミ評価多数な弊社には、「奥の手」「虎の巻」を求めて

沢山のご相談があります。

ご期待して頂けることは有難いですが、

人の恋愛感情を一瞬で操作するような方法は存在しません。


別れ話をされた後に復縁できる、あっと驚く成功手段はありますが

それは『高い山の登山』と同じです。

一歩一歩、着実に確実に、正しいルートを正しい装備で、

正しい経験者と共に登っていくような方法で、

結果的には「他で類をみない確率」を実現化できてるに過ぎません。


当事者である、あなたが登山の最中に、

「・・・私、なんでこんな辛い想いをして登ってるんだろう」

と根本的なところから迷ったり、

「・・・本当は、別のルートから登りたかったのに!」

と八つ当たりをしたりしては台無しになります。


日本全地域対応、海外も、それで歴史20年超えの

別れさせ屋、復縁屋として

別れ話された方や、別れ話されそうな方からご依頼を頂いて

きましたので、そうした現場での成功・失敗以外の

途中キャンセルの経験もあります。


圧倒的に多い事例は、


「別れ話しをされたときの、『理由』と違う・・・」


という好きな彼氏や彼女、夫や妻への失望です。

上辺の見えてるものだけで、彼氏彼女、旦那妻をはかるものでなく、

相手の気持ちや立場になり、受け容れる「器」がまず必要です。

別れ話の時に本当の気持ちを言ってくれないことは責められません。

それは珍しい事ではないし、卑怯なこととも違います。



ですから、まずは復縁したい気持ちを一旦落ち着かせて、

ご自身の人生の中で、

今回のこの失恋や離婚といった問題は

どのような意味があるのかとか、

どういう風に乗り越えることが、

自分自身の為になるのかを考えてみて頂きたいです。


もし、今回のこの辛い経験は

あなたの弱点の克服であったり、

あなたと相手の方にとって、お互いの価値を再確認する

重要な機会になるのであれば、

焦らない精神状態になれるかもしれません。


他人から評価をされなくなるということは、

恋愛や夫婦関係以外でも悲しいものです。

友人関係、同僚、親子、兄弟、、、、

どうして不必要とされたり、評価が下がったのか。


人生は長い長い道のりですが、

大切なターニングポイントとなる「タイミング」は数回しかありません。


単純な出会いと別れという類ではなく、

自分が何を「諦めたか」「諦めなかった」かも人生を変えるキッカケのはずです。


彼女、彼氏に別れ話をさえたときや、別れ話をされそうなときに、

そうした冷静に客観視できる気持ちがあれば、

後悔に後悔の上塗りをするようなことはしないで、

相手に敬意を払ったり、感謝を言えたり、謝罪ができるかもしれませんし、

不必要な質問、詮索をしたりして、

自分の評価を落とすようなこともしなくなるでしょう。




【 年中無休 0:00〜24:00 】

0120-156-247

info@1-call.co.jp



スポンサーサイト

別れさせたい夫婦やカップルへの 【罪悪感】

別れさせたい夫婦やカップルへの 罪悪感


私達の仕事は綺麗なものではありません。

想像を超えるほどの夫婦やカップルに対して

別れさせ屋や復縁屋として成功させてきましたから、

別れさせたターゲット達の「落ち込む姿」「怒る姿」

たくさん見てきました。

ですから、それは理解しています。

弊社にご依頼を検討されておられる方でも、

料金や成功確率、方法といった点だけではなく、

「好きな人を騙すようで、、、悪い」

「別れさせて復縁できたとしても、幸せになれるのか」

「夫婦(カップル)を別れさせた後、その相手は・・・」


と罪悪感のご相談も受けております。



夫婦やカップルを別れさせることが

目的ではありません。

諦められない、大好きな人を取り戻すために

具体的なことを考えると、

別れさせることが必須であるだけなのです。


誰にでも、譲れない人、負けない戦があると思います。


例えば、サッカーの試合があるとします。

敵のチームに調子が悪い人がいたら、

そこを隙として、攻撃の仕方を組むことは監督として当然です。

バスケットボールでも、テニスでも、ボクシングでも同じです。


男女関係は弱肉強食であることは間違いありません。

今は、彼氏がいる女性であろうと

気になったら男性は口説いてきますし、女性だって同じです。


私は別れさせ屋の利用で罪悪感を感じてる人がいたら、

こうした質問をすることがあります。


「あなたが、好きな人と復縁し、やり直すことができたとします。

その数年後に、あなたの好きな人に惚れた第三者が

あなたの好きな人を口説いてきたり、

別れさせ屋を利用してきたら、、、、

あなたは第三者に向かって「卑怯者!」「ズルい!」

負け惜しみを言うのですか?

違いますよね。

あなたの好きな人を惚れるのも自由だし、

交際してようと、結婚してようと、口説いてくるのは自由です。

それで浮気や心変わりをしてしまった好きな人と、

そうさせてしまったあなたにも責任(原因)がありますよね?」


と。

弊社は違法な行為を用いるわけではありません。

脅しや示談のような形でカップルや夫婦を別れさせることなど

成功しない事実を知っていますし、

そうした方法では会社としても継続しません。

マスコミ評価多数を頂きながら、評価20年超えしているのには

理由があります。

法律の範囲内で、人間の悪い気持ちや、弱い気持ち、

そして欲望を上手にコントロールすること
で、

自然に世の中で起きてる「別れ」や「復縁」という現象を

人工的に起こしています。


その結果、泣くことになる人もいるでしょう。

しかし、まったく身に覚えがないことで

泣くことになることはありません。

どんなに小さくとも

「自分の犯した過去のミス」

「自分の今から犯すミス」


によって巻き込まれるような展開になります。


お金を遣うことで、自分のこの「純愛」を汚すような

感覚になることで、罪悪感を感じる相談者の方もいますが、

お金というのは、

自分の頑張った成果です。

その成果を使うのは自由のはずです。


高いブランド品のネックレスをプレゼントするのは純愛でしょうか?

見栄を張って、良いレストランを用意することや、

胸が大きく見える下着は?


どこまでが、純愛で、どこからが計算なのでしょう。


罪悪感が「0」になることはないかもしれませんが、

別れさせ屋で、夫婦やカップルを別れさせた後に、

これ以上ない「幸福な日々」「達成感」を感じておられる方は

沢山おられます。


【 年中無休 0:00〜24:00 】

0120-156-247

info@1-call.co.jp




別れさせ屋 マスコミ出演多数の理由とメリット


弊社ファーストコール(1stcall)は、前社長の小澤康二だった時から、

雑誌やテレビ、ラジオや新聞、その他いかなる取材協力に応じてまいりました。

ニコニコ動画の教えてティーチャーや、

ビートたけしさんと国分太一さんのニッポンのミカタであったり、

人生が変わる1分間の深イイ話などの出演も

快く応じさせて頂きました。

他にも、復縁屋の仕事帳という本を出版したり、

新聞紙・日刊ゲンダイにコラムを掲載したりしてきました。


別れさせ屋としてマスコミ出演多数している理由についてですが、

別れさせ屋や復縁屋の仕事は、

不透明な部分もありますし、「別れさせる」「離婚させる」というような

グレーな内容になりますから、皆さん

『 大丈夫なのかな 』
『 騙されたらどうしよう… 』


と思ってしまうものです。

実際、別れさせる工作を依頼したのに、担当と連絡がとれなくなったケースや、

そのまま連絡がとれないケースや、

本社に電話しても繋がらなくなったり、

会社に行ってみたら鍵がかかっていたり、

ホームページは同じなのに、会社名が変わってる・・・

などという被害は存在しています。


別れさせ屋トラップやトリガーといった工作を提供する会社は

歴史20年超えの最大手の老舗会社だとしても、

日本全国津々浦々に支店があるわけではないですし、

世間一般の企業様達と比べたら小規模かもしれません。

ですが、東京本社がアパートの一室を借りたものであったり、

自宅の住所であったり、ボロボロの事務所だとすれば、

それはいつ倒産、消滅、逃亡してもおかしくないリスクがあると思ってください。


ホームページの会社概要、会社案内ページでも、

代表者や、代表責任者、運営者、、、などと曖昧な立場

表記してる会社も少なくありません。

怪しいと思ってください。

会社のトップであれば、代表取締役社長のはずですから。

そして名前でも、偽名を使ってる代表者も少なくありません。

写真と名前があればそれが本当だとは思わないでください。

探偵業法届出の番号を掲載していても、

警察がホームページを常時チェックしてるわけではありません。


この業界で、大きなご期待と費用を背負って仕事をする上で、

「背負う覚悟」がない者が、別れさせ屋工作会社の社長に就くべきではありません。


社長にも、社員にも家族がいて、親戚がいて、友人がいます。

この仕事は胸を張って自慢できるものではないかもしれませんが、

責任をとる立場が同じでは駄目です。

別れさせ屋だからこそ、マスコミ出演多数することで、

自分の素性を明確にして、社会の中で認知されるべきだと思います。


あなたも冷静になって考えれば理解できると思います。

家族からも、親戚からも、友人からも認知されてなくて、

自分の写真と名前がインターネット上でも残らないとなれば、

悪いことをしてもいいやと安易に考えてしまったり、

お客様に対しても無責任なことをしてしまう可能性があります。

社員に対しても同じです。


TV出演や雑誌などマスコミ出演は、そうした覚悟だけではできません。

取材する方も、当然ですが選びます。

歴史であったり、電話問い合わせの感触であったり、

別れさせ屋工作(トラップやトリガー)について、

詳しくて、問題を起こさないような会社が選出されます。


マスコミ出演が多数だから「大丈夫な会社」とは申しません。


しかし、別れさせ屋を厳選する際に、参考にするべきメリットの要素だと思います。


どんなプランを提案してくれるのかという「提案力」。

そしてそれを具現化してくれる「実現力」。


究極を言えば、この2つの要素になりますが、

この後者の「実現力」というものは、

安心して、一流のプロフェッショナルが成功するまでフォローし続けてくれることだと思いますので、

素性の確かな代表取締役社長を公表していることや、

責任を取る立場に晒してることは含まれていると思います。


どうしても譲れない人がいる場合には、

罪悪感を感じられるかもしれませんが、別れさせ屋はとても有効なツールです。

別れさせるだけではなく、復縁したい人がいる場合でも

復縁屋(別れさせ屋)の仕事は、最後の奥の手ですし、

間違いなく伝家の宝刀でしょう。


まずは、ご依頼をされる意識をもたなくても、

無料相談の範囲内で、「どんな別れさせる方法を提供してくれるのか」や、

「どうやって復縁させてくれるのか」を知ってみるのでも宜しいと思います。





【 年中無休 0:00〜24:00 】

0120-156-247

info@1-call.co.jp

別れさせ屋 厳選会社、解決! ・・・正しい流れ


別れさせ屋 厳選会社、解決! ・・・正しい流れ


彼氏と別れた後、彼氏に新しい彼女が出来てしまった場合、

夫が浮気していて、浮気相手となかなか別れてくれてない場合、

妻と離婚したいけど、離婚してくれない・・・という場合

譲れない人との大切な時間を取り戻すために、

どうにか別れてくれるようにと、

自分の力で出来る方法を探すものです。

自分の中で

「どうすれば取り戻せるのか?」

「どうすれば離婚してくれるのか?」


ということを考え、

結局は、情に頼って「お願いだから・・・」というような態度をとり

願いに反して、彼氏彼女、旦那妻の気持ちはどんどん冷めて、

離れていってしまうものです。

そこで本当に困ってしまい、絶望の中で無意識に近い精神状態で

インターネットで「別れさせたい」「取り戻したい」「別れてほしい」と

検索された方が、別れさせ屋工作(トラップやトリガー)といった

プロの力を利用する形で別れさせる解決方法があると気づかれます。


こんな方法があるんだぁ〜


と嬉しい気持ちになって頂けるのは有難いですが、

交際相手や夫婦を別れさせる方法・離婚させる方法は

本当に繊細な作業であり、どんなターゲットにも有効で

高い成功確率で実現化できるような

都合の良い方法があるわけではありません。



別れさせ屋も、厳選会社をサーチしないと解決策になりません。

解決策にならないどころか、お金を捨てることになります。


情報社会になり、ネット上でなんでも調べられるようになったからこそ、

ネット上で感じたこと、読んだことで結論を出してしまうので

間違った別れさせ屋を選んでしまう方が多くなりました。



ご依頼者様も、普段は仕事など冷静にこなしておられると思いますが、

こうしたプライベートのことで、感情的になってしまった場合は、

 最初に知った、見た情報

 優しい言葉

 成功に自信がある、力
強い会社

をそのまま受け容れてしまうものです。


別れさせ屋の仕事は、100%成功するものではなく、

どれだけ経験から良い提案力が出来るのかと、

その提案した解決手段を、実現化、具現化する

スタッフの質と量
で光と影が分かれるものです。

最初に組み立てたプランの通りになることは

99%ありません。

対人間ですから、その人の反応に差が生まれることは当然です。

その差に対して臨機応変に対応できる能力がある

調査員や工作員が働きたがるのはやはり大手や老舗と

言われるような、依頼が多く、稼げるチャンスがある会社です。

一般の仕事でも、「大手」に就職したい人が多いですから

それと同じです。

まずは、依頼をするかしないかは早々に決めないことです。


『 どれくらい提案力があるのだろう 』

『 本社は、活気と歴史を感じられるような会社だろうか 』
 ※本社が遠いなら、社内やスタッフの写真を見たり、
  何度か電話してみて、相談員の厚みを感じるなど

『 良い展望ばかりでなく、リスクなども同じように説明がある 』

『 料金の詳細明細の部分がイメージできるかどうか 』

『 安さを武器にしてないか 』



というような厳選する上での成功の鍵となる要素を

自分の目と耳と、感覚で判断してください。


インターネット上の、


■ 誰が、何のメリットがあって、書いた記事なのか


が全く分からないようなサイトでは、

歴史20年超えや、マスコミ評価多数、勝率1stを争うような

老舗や大手、全国津々浦々対応の会社と出会えないリスクがあります。


だいたい、そうした自作自演の情報操作してる会社は

無料でブログや掲示板などのサイトを利用しています。

そして結局は、歴史が浅いとか、小さい会社を推薦しています。

評判が良いと書きながらも、どこで集めた評判なのか?

口コミと書きながらも、どこで集めた口コミなのか?

まったく理解ができない会社ばかりです。


そうした別れさせ屋に依頼をして、

成功しなかっただけではなく、非常に粗悪で詐欺のような扱いを受け、

簡単な接触や、何もやってくれないとかというクレームが増えています。

そうなってから弊社にご相談を頂いても、

料金が返金されるわけではありません。


インターネット上で会社を幾つか選出し、

それから、電話やメールで問い合わせをします。

勿論、「他の会社ではこんな質問をされた」とか、

「他の会社ではこんな提案をされた」などと言ったら駄目です。

余計な情報を与えなくても、信頼と評価、勝率の高い会社は

それぞれ質問したいことをしてきますし、独自の提案力があります。

それから、厳選する会社を3,4社、、、多くても5社くらいまで選んだなら

きちんと足を運んで納得ができるほど質問をされてください。



【 年中無休 0:00〜24:00 】

0120-156-247

info@1-call.co.jp

別れさせ屋 依頼前に注意するべきこと

別れさせ屋 依頼前に注意するべきこと


復縁屋の復縁工作(トラップやトリガー、、、)でも

同じことが言えるのですが、

別れさせ屋に依頼をするということは、

高い買い物になります。

だからこそ依頼前に注意するべき・気を付けるべき

その買い物で買うことは、「成功する可能性」になります。

「成功」を買うのではなく、復縁することや別れさせることの

成功確率アップの為に、その提案力と、

提案したプランを具現化するだけの人件費やその他経費を

支払うことになります。

他にサービスで似たようなものがあるとすれば、

「投資家」「映画制作会社」でしょうか。

投資家の方は、自分の所得を増やす為に、

「これが一番賭ける価値がある!」と調べた結果、

その期待度に応じて金額を決めて投資します。

映画製作会社も、

目標とするような動員人数や売り上げを考えて、

それで適したキャストを用意して、

予算内でシナリオも考えるものです。

天候や、俳優の体調、ロケ現場、時間、、、

色々な要素が絡み合っているので、

臨機応変力が必要とされます。

そして「感動する」「チケットを買う」というような

人間心理によって成功か失敗かわかれます


復縁屋や別れさせ屋の依頼も似ていると思います。

依頼前に注意するべきこと、気を付けることを

具体的にリストにしてみますと、


・ ホームページに「代表取締役」が記されてる
  (代表責任者、代表者、、等、法律に反する表記はNG)

・ ホームページに社長の顔写真がある

・ 社長の顔が本当だと示すものがある
  (マスコミ取材や著作物、など)

・ スタッフが実在してると感じられる

・ 軸となる本社が、きちんとしたテナント物件である
  (アパートの一室や、自宅の様な所はNG)

・ 探偵業法届出を掲示している

・ 探偵業法届出より得た番号を掲示している

・ 具体的に想像ができるプラン内容の提示

・ 心配点やリスクについても説明がある

・ 相談電話が、携帯などに転送されていない

・ 会社の電話に24時間繋がる

・ 歴史が古く、理想は20年程度かそれ以上

・ 全スタッフが、20〜30名以上はいる会社

・ 工作員だけで活動させず、調査員がサポートしてる

・ 料金の内訳で、1回毎の経費が3,4万円以上かけている

・ 明らかに安過ぎる会社ではない

・ 実働回数保障ばかり強調してくるような会社ではない

・ 担当からの報告が証拠に残るメール形式 + 電話

・ 現場に同行することができる

・ 延長、追加料金が絶対にない、等とは言わないこと
  (あり得ることであり、それが依頼者にとってもプラスになる場合もあります)

・ 料金の内訳明細の人件費や経費について、納得ができる

等々



といったところでしょうか。

まずはこれらは最低限チェックされてみてください。


そうしますと、勝率1stでなくても、高い成功20年超えしてる会社など、

選抜3,4社の別れさせ屋・復縁屋が自然と選出されるはずです。

それらが叶える会社のリストとなるでしょう。


弊社ファーストコール以外の会社を検討されていても、

「この会社大丈夫なのか?」

と思われたらご相談ください。

第三者の立場として、率直に意見させて頂きます。

当たり前のことですが、弊社以外にも

優秀・優良の別れさせ屋会社はあります
から

大丈夫です。


【 年中無休 0:00〜24:00 】

0120-156-247

info@1-call.co.jp







旦那や嫁と離婚したい 親権をとる方法

旦那や嫁と離婚したい 親権をとる方法


離婚する理由が、モラハラやDV、

性格の不一致などの場合

言い合いになることが多いものです。

「そんなことは言ってない!」

「先に酷いことを言ったのはそっちだ!」


というような言い合いになると、

離婚したいのに離婚ができないことが起きます。

日本の法律は「証拠」が全てです。

平等な権利の為につくられたルールなのですが、

夫婦の離婚問題の際は、時に足枷になります。


浮気、暴力、無断の大きな借金、強度の精神病・・・・

旦那や嫁と離婚したい場合、

相手にそのような有責事項が

あれば良いのですが、

ないとなると、離婚したくないと拒否されると

旦那や嫁から提示された条件に応じるかどうかになります。


例えば、

「親権をくれたら、離婚してもいいけど、

親権をくれないなら、離婚はしません。」


という条件であったり、

「全財産と、慰謝料をくれたら離婚してもいいけど、

くれないならば離婚はしません。」

という条件を出されてしまうと困りますよね。


人生は一度きりであり、

愛せない人がパートナーで人生を終わることは

なによりも不幸なことですし、恐ろしいほどの後悔に

襲われることになるかもしれません。


お金持ちでなくても、趣味などなくても、

愛し愛される人と過ごせる人生以上に、

心が充実し、満たされることはないでしょう。


ですから、妻や旦那と離婚したいと思うことは

間違いではありません。

しかし、子供の親権がとれないなら

離婚できても幸せになれないなら、

どうしようも出来ない状態になります。


 旦那や妻が浮気や暴力などしたから離婚はできるけど、親権をくれない。

  そして、親権を争ったら負けてしまうかもしれない。


 旦那や妻は有責配偶者ではないから話し合いをするしかないけど、

  親権をくれる離婚に応じてくれくて・・・



嫁や旦那も意地になってるだけかもしれませんし、

あなたが子供の親権をとったほうが

子供にとっても正しいことかもしれません。

それでも親権がとれないから離婚できないという

困った状況なら、感情的にならないで

180度変える解決用法を探しましょう。


弊社は歴史23年に及ぶ経験談があります。

親権をとり、有利に離婚する伝家の宝刀があります。

勿論、旦那や嫁がどんな人なのか?

何が理由で離婚したくないと拒否してるのかなどによっても

その解決用法は違いますから、

詳しくお聞きしなければなりませんが、

そうしたお話しも、フリーダイヤル・匿名でお聞きしていますから

ご安心ください。


あなたと同じ困った状態からでも、

離婚したい気持ちを具体化し、

親権も得て心から笑って生活されてる人達はいます。

そうした人達がとった方法、手段から学ぶことがあるはずです。


親身になってくれる友人や同僚、

一緒に悩んでくれる親や兄弟、

離婚裁判のエキスパートの弁護士、

彼らでは、旦那や妻と離婚することも、

親権をとる方法でも、一般論しか教えてくれないでしょう。

明日が変わる、明日を変えるアシストする会社は

勝率1stの弊社だという自負がございます。


子供の親権をとれた人達がとった具体策、成功の手法

を知ることが、この絶対に負けない戦に臨むうえでの

正しい一歩になるでしょう。


info@1-call.co.jp

0120-156-247


【 24時間 完全無料 匿名相談可能 】





嫁が、夫が離婚してくれない場合の解決手段

簡単な理由で離婚するべきではありませんが、

人生は一度きりですから、

譲れないもいの、譲れない人はあるものです。

昔であれば、

● 結婚したんだから、一生添い遂げる

● 子供の為にも親は我慢をするべき

● 離婚した後、再婚はできるのか?

● 離婚して、どうやって食べていく


といった心配点がありましたが、

現在は離婚して正解だった人が溢れ、

離婚すること自体を責めるのは年寄だけになりました。


ですから、今は感覚的には離婚は

転職と同じようなものかもしれません。


ですが、自分は離婚して幸せになりたいと思っていても

嫁が、夫が離婚してくれない場合もあります。

その時どんな解決手段があるのかで光と影がわかれるわけです。

愛せない人と、人生の残された時間を過ごしていくことは

不幸でしかありません。

社会的立場、豪邸、貯金などで得られる充実感と

愛のある生活の充実感では比べものになりません。

きっと体が不自由になり、死を意識するようになれば

強く認識することになるはずです。

心のどこかでは、「もっと違う人生があったのでは」と

思いながらも、無理やりに

「いや、他の夫婦達もこんなもんだろう」

「私には子供がいるんだから」

「普通に生活できたんだから」


と思っても死が近づけば誤魔化せなくなるものです。


さて、離婚で最大の壁はやはり法律です。

法律上では、浮気や暴力、そういった落ち度がなければ

どうしようもありません。



離婚したい側は、離婚することで

自分の人生が好転すると思っています。

断固離婚拒否する嫁や旦那は、

離婚したら、自分の人生が暗転すると思っています。


離婚したいのになかなか離婚できない場合は、

「離婚条件」か「法律」によって縛られてることが殆どです。

離婚条件でも、相場よりちょっと高いとか

多少のお金の問題であれば良いのですが、

常識外れな金額であったり、親権などを条件に出されると

離婚したくても応じるわけにはいかなくなります


結局は、「だったら離婚しない!」と言われたら

話しが進まないこの現状の根本的に変えないといけません。


嫁が、夫が離婚してくれない場合でも、

あっと驚く用法は存在します。

それは、

『もっと良い暮らしをしたい』

『もっと幸せになりたい』


という欲を利用する方法です。


ここ10年くらいで出来た復縁屋や別れさせ屋は分かりませんが、

歴史が20年超えで評価されてきた老舗、大手の会社には

そうしたスゴ技で運命変えた体験談が沢山あります。


人間は色々なタイプがいますが、

・ 褒められたらうれしい

・ 困ってる時は慰めてほしい

・ 嫌なことを忘れて笑いたい

・ 周りから羨ましがられたい

・ 将来の暮らしに保証がほしい


というような欲のベクトルは基本同じです。


そうした条件を作れるような、復縁屋や別れさせ屋を

選出3社、4社程度すれば、

きっとあなたに合った離婚できる解決手段の中でも

特にアシスト成功率の高い厳選手法を

提案してくれるでしょう。


まずあなたに必要なものは、

「そんな方法もあるのか」

と、自分にはどれだけ選択肢があるのか知ることですから。


info@1-call.co.jp

0120-156-247

【 24時間 完全無料 匿名相談可能 】

好きな人 彼女から奪う 勝率20年超え

奪うことに躊躇される方もいます。

彼が付き合ってる彼女と別れないなら

諦めた方が良いのではないか。

彼女から奪う為に、別れさせ屋に依頼をして

それで彼と付き合えるようになっても

果たして幸せになれるのか?


そうした気持ちはわかりますし、

それを否定したりはしません。

実際、弊社1stコールも20年以上やってきて、

マスコミ評価も頂き、実際に勝率20年超えで

成功できた依頼者様からも

感謝を頂戴していますが、

それでも心のどこかで後ろめたい気持ちはあります。

人の人生を変える力があるからです。




気持ちというものは割り切れないものだと思います。

迷うときもあるし、悩むこともあります。

それは弊社も、ご相談者様も、ご依頼者様も同じです。


● 本当に好きな人を彼女から奪うことが出来るのか?

● 別れさせても、その後彼とどうなるか・・・



その不安と向き合うことは

それだけあなたが大きな壁と向き合ってる証拠です。


会社を作る人も、

失敗したらどうしようと考えるかもしれません。

芸人やモデルを目指す人も、

成功しなかったらと悩むかもしれません。

受験もそうです。

転職もそうです。

留学も。


もしかしたら、結婚でもあるかもしれません。

「交際して3年だし、悪い人じゃないし、
心から惚れてるわけじゃないけど結婚相手としては合格だし、
自分も35歳だし、、、」


そうした迷いから結婚することも勝負です。

光と影をわける判断となるでしょう。

もっとも気を付けるのは「出来ちゃった結婚」です。

「子供ができたし、中絶したくない。
 だけどシングルマザーで育てる力はないし・・・
 彼のことはよくわからないけど」

というのも、先のことが分からない判断ですね。


好きな人を彼女から奪うことも、

それだけで幸せになれるわけではありません。


そもそも「こうなれば幸せになれる」という道はありません。


特に女性の多くが誤解していますが、

結婚して、普通にしていればその生活はずっと続くという

保障は一切ありません。

男性は常に女性を評価し、価値が下がれば

別の女性との未来や、気楽な独身生活を選ぶようになります。


同じように女性にもその権利と選択肢があるわけですが、

男性と違って「出産」「育児」という点がありますし、

そもそも老人になるまで稼ぎ続けるという意識をもった

女性は少ないので男性よりも

自由度は低いかもしれません。


あなたの好きな人が、あなたにとっては価値が高く、

「この人だったら、自分はずっと惚れていられるかも」

と思えるなら、今は多少無理をしてしても、

頑張りどころだと思います。


あなたが描いてる、

「こんな人生を送りたい」というもので

彼氏や夫の存在がとても大きな要素、鍵であるならば、

そのポイントこそ、妥協してほしくありません。


人生では、心から好きになれる人と何度も出会えません。

本当に好きな人だからこそ

その人からもっと好かれようと自分磨きもできるし、

なんでもない食事や散歩、メールや会話で

幸せを感じることも出来ます。

そして本気で好きではない人と暮らすと、

色々と嫌なところが目立って見えてしまうし、

それを気にしてしまいストレスにもなります。


『 パートナーの悪いところより良いところを見ること 』


が長く続ける選抜手法なのですが、

そんなに人間ができた人は少ないですから、

やはり本気で好きかどうかになります。


彼女から奪うということも、

「許される方法」と「許されない方法」

2種類で考えないでください


例えば、本命彼女持ちの彼と会う際に、

可愛い服を着ていくことも、

彼女から奪う方法のひとつになります。


奪うということは、ごく自然な行為です。

窃盗したり、弱い人間から奪う行為は駄目ですが、

男女というのは、

人の気持ちを振り向かせた人の勝ちという勝負です。


「なんでそんな彼女と付き合ってるの?」

「私だったら、そんなことしないけどなぁ」


という発言も奪う行為のひとつです。


ですが、なかなか彼女と別れてくれない場合、

待つのがつらいし、浮気相手という立場は嫌だから、

好きな人と彼女から奪うために

なにか具体的な奥の手、伝家の宝刀のような方法が

ないのかと考えられたら別れさせ屋トリガー、

別れさせ屋トラップといったアシスト会社に

相談されてみてください。

自分の駆け引きレベルでは、

彼と彼女の関係に溝をつくれないと判断されたなら、

専門の会社の利用も検討されてください。

それで必ず別れさせられるわけではありませんが、

自分では出来ない範囲を、専門家が動くことで

成功率は飛躍的に高まると思います。


彼氏や彼女から奪いたいと思ったときに、

友達にヨイショして貰ったり、

高価なプレゼントで気を惹いたり、

雰囲気のあるレストランに誘ったり、

高級車でドライブすることも、

交際中の彼氏や彼女の弱点を指摘することも、


それらは全て奪う行為なわけです。


どこまでであれば許されるとか、

どこからは悪いことなのかなど、

それは時に自分への言い訳になります。


本気で何かを成功させようと思ってる人は、

失敗する可能性もあるけれど、

考えられる中で実現化可能な方法なら

なんでもやるものです。



弊社1stも歴史20年超えでアシストしてまいりました。


別れさせ屋という響きから「怖い」「悪い人達」という

悪いイメージを心配される方もおられますが、

そんなことはございません。

弊社は、出来ないことはできないと正直に申しますし、

違法なことを行うわけではありません。


好きな人を付き合ってる彼女から奪うことに

関心をお持ちなら、ご相談ください。


info@1-call.co.jp

0120-156-247


【 24時間 完全無料 匿名相談可能 】
リンク
プロフィール

Firstcall

Author:Firstcall
22年以上の間、ご夫婦やカップルのお悩みを解決させてまいりました。
弊社だからこそ、具体策・解決策をお教え出来ると思います。

たったひとりの力では、どうしても解決できない場面に遭遇した際、お気軽にご相談くださいませ。
【完全無料】【匿名可】にてご対応しております。

よく頂戴するご相談は、復縁・不倫・別居・離婚・失恋・片思いです。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。