スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別れさせ屋 マスコミ出演多数の理由とメリット


弊社ファーストコール(1stcall)は、前社長の小澤康二だった時から、

雑誌やテレビ、ラジオや新聞、その他いかなる取材協力に応じてまいりました。

ニコニコ動画の教えてティーチャーや、

ビートたけしさんと国分太一さんのニッポンのミカタであったり、

人生が変わる1分間の深イイ話などの出演も

快く応じさせて頂きました。

他にも、復縁屋の仕事帳という本を出版したり、

新聞紙・日刊ゲンダイにコラムを掲載したりしてきました。


別れさせ屋としてマスコミ出演多数している理由についてですが、

別れさせ屋や復縁屋の仕事は、

不透明な部分もありますし、「別れさせる」「離婚させる」というような

グレーな内容になりますから、皆さん

『 大丈夫なのかな 』
『 騙されたらどうしよう… 』


と思ってしまうものです。

実際、別れさせる工作を依頼したのに、担当と連絡がとれなくなったケースや、

そのまま連絡がとれないケースや、

本社に電話しても繋がらなくなったり、

会社に行ってみたら鍵がかかっていたり、

ホームページは同じなのに、会社名が変わってる・・・

などという被害は存在しています。


別れさせ屋トラップやトリガーといった工作を提供する会社は

歴史20年超えの最大手の老舗会社だとしても、

日本全国津々浦々に支店があるわけではないですし、

世間一般の企業様達と比べたら小規模かもしれません。

ですが、東京本社がアパートの一室を借りたものであったり、

自宅の住所であったり、ボロボロの事務所だとすれば、

それはいつ倒産、消滅、逃亡してもおかしくないリスクがあると思ってください。


ホームページの会社概要、会社案内ページでも、

代表者や、代表責任者、運営者、、、などと曖昧な立場

表記してる会社も少なくありません。

怪しいと思ってください。

会社のトップであれば、代表取締役社長のはずですから。

そして名前でも、偽名を使ってる代表者も少なくありません。

写真と名前があればそれが本当だとは思わないでください。

探偵業法届出の番号を掲載していても、

警察がホームページを常時チェックしてるわけではありません。


この業界で、大きなご期待と費用を背負って仕事をする上で、

「背負う覚悟」がない者が、別れさせ屋工作会社の社長に就くべきではありません。


社長にも、社員にも家族がいて、親戚がいて、友人がいます。

この仕事は胸を張って自慢できるものではないかもしれませんが、

責任をとる立場が同じでは駄目です。

別れさせ屋だからこそ、マスコミ出演多数することで、

自分の素性を明確にして、社会の中で認知されるべきだと思います。


あなたも冷静になって考えれば理解できると思います。

家族からも、親戚からも、友人からも認知されてなくて、

自分の写真と名前がインターネット上でも残らないとなれば、

悪いことをしてもいいやと安易に考えてしまったり、

お客様に対しても無責任なことをしてしまう可能性があります。

社員に対しても同じです。


TV出演や雑誌などマスコミ出演は、そうした覚悟だけではできません。

取材する方も、当然ですが選びます。

歴史であったり、電話問い合わせの感触であったり、

別れさせ屋工作(トラップやトリガー)について、

詳しくて、問題を起こさないような会社が選出されます。


マスコミ出演が多数だから「大丈夫な会社」とは申しません。


しかし、別れさせ屋を厳選する際に、参考にするべきメリットの要素だと思います。


どんなプランを提案してくれるのかという「提案力」。

そしてそれを具現化してくれる「実現力」。


究極を言えば、この2つの要素になりますが、

この後者の「実現力」というものは、

安心して、一流のプロフェッショナルが成功するまでフォローし続けてくれることだと思いますので、

素性の確かな代表取締役社長を公表していることや、

責任を取る立場に晒してることは含まれていると思います。


どうしても譲れない人がいる場合には、

罪悪感を感じられるかもしれませんが、別れさせ屋はとても有効なツールです。

別れさせるだけではなく、復縁したい人がいる場合でも

復縁屋(別れさせ屋)の仕事は、最後の奥の手ですし、

間違いなく伝家の宝刀でしょう。


まずは、ご依頼をされる意識をもたなくても、

無料相談の範囲内で、「どんな別れさせる方法を提供してくれるのか」や、

「どうやって復縁させてくれるのか」を知ってみるのでも宜しいと思います。





【 年中無休 0:00〜24:00 】

0120-156-247

info@1-call.co.jp
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
プロフィール

Firstcall

Author:Firstcall
22年以上の間、ご夫婦やカップルのお悩みを解決させてまいりました。
弊社だからこそ、具体策・解決策をお教え出来ると思います。

たったひとりの力では、どうしても解決できない場面に遭遇した際、お気軽にご相談くださいませ。
【完全無料】【匿名可】にてご対応しております。

よく頂戴するご相談は、復縁・不倫・別居・離婚・失恋・片思いです。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。